築2年のマンションを売却したい!

 

  • 急な転勤で、マンションを売却することになった
  • 離婚で家を売ることになった
  • ご近所トラブルで、引っ越しをすることになった

 

築2年、買ったばかりのマンションを売る理由は様々です。

 

ここで、「ローンが残っているから、無理?」とあなた疑問に思っているかもしれません。

 

結論を言うと
ローンが残っていても、家を売却できます!

 

条件が1つあります

 

条件は、ローンを全額返済して抵当権を抹消することです。

 

例えば、
ローン3000万円 <  手持ちの資金&家の売却代金 3300万円

 

であれば、問題ありません。

 

となると、家を少しでも高く売れるか、が勝負の肝となります。

 

解決方法はシンプル!不動産の一括査定サイト

 

「とりあえず、近所の不動産屋さんにお願いしようか」

 

明確な理由があるならば、いいですが、適当に選ぶことはやめましょう。

 

業者選びを間違えると、数百万円以上の損をしたり、買主さんが見つからなったりと、
デメリットがだらけです。

 

特に、築浅の2年目のマンションですから、業者選びがかなり重要!

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

複数の業者に一括してマンション査定依頼することで、
競争原理を発生させます。

 

完全無料

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

※担当者、次第で運命が決まります。

 

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp/

 

マンション売却についてのQ&A

 

築2年のマンション売却※高額査定の可能性大!誰でもできる方法!

 

ローン、残債がある家は売却できるの?

 

ローン、残債がある家でも基本的には売却ができます。

 

例えば、ローンが1,000万円残っていて、不動産査定の結果家の価格が1,500万円となったというケースならば家を売却できる可能性が高いです。

 

できるだけ正確な不動産査定の結果を出したほうが良いので、複数の業者に査定を依頼しましょう。

 

オーバーローンとなっている家の場合には、そのままでは売却ができません。

 

例えば、ローンが1,500万円残っていて、不動産査定をしてもらったら家の価格が1,200万円となってしまったケースなどです。

 

その場合でも、差額の300万円を貯金などから捻出できるのであれば家を売ることはできます。

 

重要なことは、ローンを完済できるということにあります。

 

借金を完済できるのであれば、抵当権を抹消することができるので、その家を買いたいという人が現れる可能性があります。

 

抵当権がついたままになるのであれば、原則としてその家を買いたいという人は現れないでしょう。

 

オーバーローンとなっている家でも、売却する方法がないわけではありません。

 

しかし、デメリットが発生する可能性も高いので、やはりローンを完済して抵当権を抹消するというのが一番良い方法となります。

 

良い不動産屋の選び方を解説!

 

の中には良心的な不動産屋と悪質な不動産屋があります。

 

一見すると良心的に見えても、商談を進めていくうちに悪質であることが分かってきたりします。その時点で気付いていては遅いのです。最初に良い不動産屋を選ぶ必要があるのです。

 

 

良い不動産屋の選び方としましては、事務所に必ず人がいるということです。

 

当たり前の事のようですが、不動産業界に従事しますと、外回りが多くなります。それだけ社内に居る時間が短いということになります。

 

それでも社内に必ず1人以上の人員を配置できる余裕があるということですので、売り上げが順調ということが見てとれます。

 

そして、物件を案内してくれる際の積極性です。面倒くさがらずに内覧希望する物件を全て案内してくれるかどうか、
という点が重要になってきます。良心的な不動産屋の場合は、似通った条件の物件を教えてくれたりします。

 

また、出来るだけ家賃が安い物件を探してくれたりもします。家賃が安いと敷金、礼金が安くなり、不動産屋としては儲けが少なくなります。

 

このような物件でも積極的に紹介し、案内してくれると良心的と言えるでしょう。取り扱っている物件数も多い方が有利です。それだけネットワークが広いということになりますので、良い不動産屋ということになります。

 

 

住宅ローン返済中でも築2年のマンションは売却できる?

 

これから新しく一戸建てを購入しようと考えているけれど、現在、住宅ローンを返済中という方もお見えになることでしょう。

 

新築で購入したマンションに住んでおり、2年間住宅ローンを返済したという場合は築2年のマンションということになります。

 

ですが、家庭環境の変化などにより、一戸建てへの引っ越しを余儀なくされるというケースも珍しくありません。

 

そういった場合には、現在住んでいる築2年のマンションを売却する必要が出てきます。

 

マンションは住宅ローンを返済中であっても売却することが可能ですが住宅ローンの一括返済が必要になります。

 

その為、住宅ローンと同額か、近しい金額で売却する必要が不可欠になってきます。それが出来ないと、ローンだけが残ってしまうからです。

 

ローンが残っている場合、まずはマンションの周辺相場を調べましょう。その上でローンの残債と周辺相場を加味した価格が買い手がつきそうな価格であるかを調査する必要があります。

 

築2年のマンションを売却する場合、新築購入時の価格と近しい価格で売却出来る場合もありますが、
場合によってはローン返済時に100万円、200万円と追加費用が必要な場合も珍しくありません。

 

不動産会社へ相談し、ニーズがあるかどうかを調べてもらった方が良いでしょう。

 

 

任意売却の注意点:抵当権付きの不動産物件を売る手順

 

抵当権付き不動産物件の売却は、不動産物件に設定されている抵当権を解除する必要があり、

 

一般的には売却益を見込んで金融機関からつなぎ融資などを受け、不動産物件の売却時には抵当権が設定されていない状態で売却されますが、
任意売却の場合には不動産物件に設定されている抵当権の総額が売却額を超えてしまうので抵当権者の売却承認を得る事で売却が可能となります。

 

任意売却で不動産物件を売る手順としては、任意売却専門業者や弁護士などに依頼し、売却価格や売却時期、抵当権者への売却額の配当率に仲介手数料や抵当権抹消登記料、後順位担保権者の担保権解除料、差押解除料、引越費用などの諸費用の計画を加えたプランを立案する必要があります。

 

任意売却は、競売に比べて売却価格が高額になるメリットがありますが、売却期日の決まった競売と異なり売却までの期間が長くなるデメリットがあるので
、抵当権者の売却承認を得易くする為にも迅速にプランを立案する必要があります。任意売却を依頼する場合には、複数の抵当権者との交渉をより有利に進められる交渉力の高さだけで無く、
不動産物件を速やかかつより高額に売却出来るネットワークを有する業者に依頼する必要があります。

 

専属専任媒介(専任媒介)一般媒介の違い

 

不動産売却は自分で買い手を探すこともできますが、不動産業者に仲介を依頼するのが一般的です。仲介を依頼する場合は仲介契約を結ぶことになりますが、その契約は3種類に分かれます。

 

一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つです。その中でも、一般媒介契約と専属専任媒介契約の違いを知ることで、不動産売却における仲介業者との契約方法がわかります。

 

一般媒介契約は、複数の不動産業者と契約を結ぶことができる方法です。依頼者は複数の不動産業者に同じ売り物件を依頼することができます。

 

依頼を受けた不動産業者は買い手を探すことになりますが、依頼者への定期的な報告義務や不動産流通機構への登録などの義務は生じません。そ

 

れに対して専属専任媒介契約は、一つの不動産業者にしか依頼できない方法です。さらに、専任媒介契約では可能な、自分で買い手を見つけることもできなくなります。依頼を受けた不動産業者は、定期的な業務報告や一定の期間以内に不動産流通機構への登録が義務付けられ、その期間は専任媒介契約よりも短く設定されています。一般媒介契約は不動産業者にとっては責任の薄い契約方法であるのに対して、専属専任媒介契約は不動産業者にとって責任の重い契約方法と言えます。

 

 

 

家を売る or貸す※どっちがいい?メリットデメリット

 

すでに住む人がいなくなった実家や結婚前に購入していたマンションなど、誰も住んでいない家を保有している場合は売って手元資金を増やすか人に貸すという選択肢があります。

 

どっちがいいのかは人によって異なりますが、どちらもメリットとデメリットがあることは知っておくべきです。
家を売る場合のメリットは、まとまった金額を手に入れられることと家の管理や固定資産税に悩まされることがなくなることです。家は保有しているだけでお金と手間がかかりますが、売ってしまえばお金を手に入れることができ手間もかからなくなります。

 

逆に、デメリットは不動産という資産を失ってしまうことと売却が決まるまでに時間がかかる場合があることです。

 

不動産を持っているといざというときでも屋根がある部屋で暮らすことができ、また売却は物件によるものの決まるまでに数ヶ月以上かかることも珍しくありません。

 

一方で、家を貸すことのメリットは家賃という定期収入を得られることです。デメリットは賃貸物件にすることを決めても借り主が見つかるか分からないことで、貸すことができなければ税金や不動産管理会社への委託料などで資金的にはマイナスになる状態が長く続く可能性があるのです。

不動産の一括査定サイトのメリット・デメリットとは?

 

マンション売却を行う時には不動産会社の協力がなければ購入希望者を見つける事は難しいと言えましょう。
不動産会社を見つける方法の一つに一括査定サイトがあります。

 

サイトには全国各地にある不動産会社が登録してあるので、評判などをチェックしてマンション売却のお手伝いをしてくれる不動産会社選びが出来るメリットがあります。

 

また、一括査定はマンションを売却する上で販売価格を決める時の参考価格として利用出来るメリットもあります。

 

但し、不動産会社は宅地建物取引業の免許が必要である事、この免許には国土交通大臣に許可を得たものと、都道府県知事に許可を得たものがあります。

 

国土交通大臣に許可を得た場合には全国各地の物件の仲介が出来る、都道府県知事に許可を得た場合には対象となる場所での仲介が出来るなどの違いがあります。

 

一括査定サイトには全国各地の不動産会社が登録してありますが、実際に仲介が出来るのは、マンション売却の対象となる物件がある場所での許可を得ている会社のみになるわけです。
これは一括査定サイトを利用する時、売却物件を取り扱える会社を選ばなければならないなどのデメリットがあるわけです。

 

ちなみに、一括査定サイトの中には郵便番号を入力して取引可能な業者だけを絞り込んでくれる便利な一括査定サイトもあります。

 

 

マンション売却時、不動産屋とトラブル!事例を紹介!

 

マンション売却時のトラブル事例として、不動産屋に不当な広告費を請求されたというケースがあります。マンションを売却する時に広告費がかかったら、そのお金は仲介業者が負担することになっています。

 

事前に何も言われていないのに急に広告費を請求してくるような不動産屋もいますので、契約を結ぶ際には広告にかかる費用が仲介業者負担であることを確認することが重要であり
、売主が費用を請求される可能性のある不動産ポータルサイトの有料広告などを利用する場合には事前に相談してもらうようにします。

 

マンションをできるだけ高く査定してもらうのは嬉しいことですが、相場よりも高額な査定をされたことで買い手がつかず、そのまま価値が下がってしまったという事例もあります。

 

実際に高く売れるに越したことはありませんが、周辺のマンションを見て相場からかけ離れているようなら、売れないまま残る可能性が高くなります。

 

価値が下がってから、最初にもう少し安い売却額にしておけば良かったと後悔しても遅いので、最初の価格決めはとても重要です。

 

信頼できる不動産屋なら買い手がつきそうな範囲内でできるだけ高く設定してくれますので、満足のいく価格での売却が可能です。"